学校長挨拶



 富岡実業高校のWebページをご覧いただき、ありがとうございます。
 本校は、地域で産業教育を担う高校として創立94年目、卒業生は1万人を超え、地域の産業界を中心に様々な分野で活躍しています。
 現在、生物生産科、地域産業科、電子機械科の3学科を設置し、1学年3学級、3学年計9学級、360名の生徒が、「礼節・勤勉・友愛」の校訓の下、地域の発展に貢献できる実業人を目指し、学業や部活動等に励んでいます。
 主な特色を3点紹介します。

1 地域の発展に貢献できる確かな力を育成
 中学校における学習やこれからの産業の動向を捉え、平成27年度から県内で初めて農工両分野にわたるくくり募集を行い、1年生の1学期に選択のための学習を行った後に、学科を選択できるようにしました。2・3年生の課題研究では、大学のゼミのように少人数の研究部に分かれ、企業や地域機関、大学等とも連携して専門的なテーマを追究します。選択前に各分野を一通り経験することで目的意識が明確になり、選択の失敗がありません。
 また、英数国などの普通教科とのバランスを重視し、情報処理や問題解決、コミュニケーション力の育成にも力を入れています。生徒は、最終的に幅広い教養と確かな専門性を身に付け、授業に対する満足度が高く、卒業後もそれぞれの道で活躍しています。

2 確かな進路-就職も進学も
 地域の産業の堅調さを反映し、7割が就職、3割が進学、いずれも希望決定率は100%です。地元企業を中心に広く求人を頂き、進学面でも、大学から専門学校までたくさんの指定枠を頂いています。
 キャリア教育を重視し、2年次には全員が1週間程度のインターンシップを行います。資格取得や検定の機会も多く設けており、就職後に役立つ様々な資格を多くの生徒が取得しています。挨拶、礼儀等もしっかり指導します。
 本校には、将来に向けて、確かな選択肢と指導体制があります。

3 活発な課外活動
 運動部、文化部、農業クラブからなる部活動と地域貢献活動が盛んで、多くの生徒が学業と両立させて頑張っています。
 レスリング、機械研究、フラワーデザイン、写真など、全国レベルで活躍している部もあります。地域貢献活動では、世界遺産である富岡製糸場に最も近い高校として、製糸場関係を中心に様々な取組をしています。
 これらの活動を通して、生徒たちは大きく成長し、地域の方々からも高い評価を頂いています。

 大きな変化が予測される未来を見据え、これからも地域を担う確かな人材を育成する学校づくりを推進してまいります。このWebページで本校の教育活動の一端をご覧いただき、ご理解、ご支援を賜れれば幸いです。
 中学生の皆さんは、本校に来れば、より良く自分を生かし、社会に貢献できる道をきっと見つけられます。本校ですばらしい可能性を伸ばしてみませんか。

                                                            群馬県立富岡実業高等学校長 小林 智宏
 

ハイスクールガイド

 

カウンタ

COUNTER523313